シャトレーゼ、焦がしバターキャラメルダブルシュークリームを実食レビュー、価格やカロリーは?

シャトレーゼ

シャトレーゼの焦がしバターキャラメルダブルシュークリームを購入してきました。

焦がしバターキャラメルという言葉に食べる前から期待大、さっそく食べた味の感想、価格やカロリー、原材料などについて詳しくまとめました。

シャトレーゼ、焦がしバターキャラメルダブルシュークリームとは?

焦がしバターキャラメルダブルシュークリームはシャトレーゼの12月から販売されている商品です。

中のクリームはホイップクリームとホイップクリーム入り焦がしキャラメルカスタードクリームの2種類で、2つのクリームの味わい豊かなシュークリームに仕上がっているそうです。

生地は焦がしバター風味の口どけのよいシュー生地だそうです。

ロースト感あるキャラメルの味わいが楽しめるシュークリームとのことです。

シャトレーゼ、焦がしバターキャラメルダブルシュークリームの価格とカロリー

焦がしバターキャラメルダブルシュークリームの価格は108円(税込み)です。

カロリーは235kcalです。

シャトレーゼ、焦がしバターキャラメルダブルシュークリームを実食レビュー

シャトレーゼはダブルシュークリームの定番商品の他に、期間限定で他のフレーバーのシュークリームも販売されます。

2020年の12月から販売されているのが、この焦がしバターキャラメルダブルシュークリームです。

何だかとってもプレミアム感があるのに108円と相変わらずお安いです、助かるわ~。

実物がコチラ。

中のクリームに焦がしキャラメルカスタードが使われていますが、さらにシュー生地も焦がしバター風味とのことなので、生地は一般的なシュー生地に比べるとだいぶ茶色が濃いです。

でも香りは焦がしバターの風味はあまり感じません。どちらかというと先日食べたダブルシューと同じように、アーモンドの香りの方が強いぐらいです。

カットして中をチェック。

生地に対して半分、もしくは2/3ぐらいのクリームが詰められています。

見たところ、ホイップ多めでキャラメルカスタードがちょっと少ないぐらいです。クリームはトロットロで流れ出てくるぐらいです。このまま飲めそう。

まずはシュー生地だけで食べてみました。

生地はやっぱり香りと同じでほんのりアーモンドの風味を感じます。焦がしバター風味っていうのはよくわかりません。

でも香ばしくておいしいです。パサパサでもなく、カサカサでもなく、程よくしっとりしています。

そしてちょうどいい厚さで口どけが良いシュー生地です。やっぱりこのシュー生地からレベルの高さがわかりますね。108円のクオリティではありません。

中のクリームですが、ホイップクリームは先日食べたダブルシューのクリームと同じでほんのりミルク感があって、程よい甘さでおいしいです。

口当たりも滑らかで軽い食感、トロットロで飲めそうなホイップクリームです。

焦がしキャラメルカスタードクリームの方ですが、あまり焦がした感じはなかったです。普通のミルクキャラメルのような甘さで、もっとほろ苦で大人向けのキャラメルクリームを想像していたので、こんなに甘いとは思いませんでした。

けっこうキャラメルの甘さが強いので、全体的にもけっこう甘めでした。

キャラメルカスタードクリームにもホイップクリームが入っているので、一般的なカスタードクリームに比べると軽くてなめらかな食感でした。

どちらも飲めそうなクリームで、口どけは良くて最高でした。

先日食べたダブルシュークリームはサイズが少し小さくて、食べた後に量的には満たされない感じがありましたが、この焦がしバターキャラメルダブルシューは甘さが強いせいか、このサイズで十分満足できました。

原材料を確認すると、やはり最初に記載されているのが牛乳、次いで卵、クリームでした。原材料にはこだわっていますね。

そしてしっかりバターの記載もありました。

アーモンドペーストの記載もあるので、やはり生地に混ぜこまれていたのかな、と思います。

まとめ

シャトレーゼの焦がしバターキャラメルダブルシュ―クリーム、食べる前は大人向けのほろ苦なキャラメルクリームを予想していました。

実際に食べてみると、思っていたより甘くて焦がしバターキャラメル感があまりなかったのでちょっと残念でした。

おいしいのは間違いないんですが、ちょっと想像していた味とは違うかな~。

同じ108円なら、先日食べた方がダブルシュークリームの方が好きです。

シンプルな味なので、よりいっそう原材料にこだわっているのがよくわかると思います。

ごちそうさまでした。

コメント