口コミで人気・高評価!シャトレーゼのチョコレートマシュマロピザを食べてみた、味はおいしい?

シャトレーゼ

シャトレーゼのチョコレートマシュマロピザを購入してきました。

去年からSNSなどで口コミで人気、話題になっていた商品です。

実際に食べてみた味の感想、価格やカロリーなどについて詳しくまとめました。

シャトレーゼチョコレートマシュマロピザとは?

シャトレーゼのチョコレートマシュマロピザはその名の通り、ピザ生地の上にチョコレートソースが塗られていて、さらにたっぷりのマシュマロがのせられた甘党にはたまらないデザートピザです。

去年の冬からSNSなどで口コミで話題・人気になっていた商品で、暑い季節は販売がされておらず、10月25日からまた販売が始まりました。

クラスト生地にはチョコソースはベルギー産のクーベルチュールミルクチョコがふんだんに使用されていて、さらにチョコチップ、ピーカンナッツ、マシュマロがトッピングされています。

市販で販売されているピザの定番の丸型ではなく、家庭のオーブントースターのサイズに合わせた長方形に形成されています。

シャトレーゼチョコレートマシュマロピザの価格とカロリー

チョコレートマシュマロピザの価格は324円(税込み)です。さすがシャトレーゼ、価格が安いです。

カロリーは1枚あたり613kcal、おやおや、意外と低いですね。これはありがたい~。

シャトレーゼのチョコレートマシュマロピザを実食、味はどう?おいしい?

去年の冬から食べたいと思っていたシャトレーゼのチョコレートマシュマロピザ、暑い季節は販売されていなくて、10月25日から再び販売されるようになり、ようやく食べることができます。いや~待ってた!!

シャトレーゼの他のピザは前に食べたことがあるんですが、そのピザの価格は190円とあり得ない安さにも関わらず味はそれなりにおいしかったので、今回も食べる前から期待大。

コチラ > シャトレーゼのピザは価格が安くて味も抜群!

それよりも、お店でしか食べられなさそうなデザートピザが家で食べられることに感謝です。こんなすごいピザを作ってくれて、ありがとうシャトレーゼ!

まずは作り方から。

1.常温で15~20分程度解凍しておく
2.オーブントースターで800Wなら3~4分、1000Wなら2~3分焼いて完成

本来なら常温で15~20分ほど解凍しておく必要があったんですが、面倒だったので冷凍庫から出してすぐにトースターで焼きました←ズボラでせっかち。

生地のふちが香ばしく焼け、マシュマロ全体が溶けてほんのり焦げ目がついたら出来上がりとのことです。

ピザははじめから1/4サイズに切り目が入れられているようですが、冷凍されているので固くて手では切れませんでした。ということで包丁で切りました。

とりあえず様子見で1/4サイズで切って、3分ほど焼いてみました。

マシュマロは溶けてはいないし、焦げ目もついてないからもうちょっと焼いた方が良かったのかも知れませんが、もう待ちきれないのでとりあえず第一弾はこのまま食べてみます。

マシュマロ×チョコの組み合わせ、相当甘いのを想像していたんですが思ったよりも甘くありません。意外とチョコレートソースの存在感が薄めです。

程よい甘さでおいしいです。マシュマロを噛んだ時にしゅわ~っと口の中に甘さが広がる感じが何とも幸せ。

マシュマロはところどころ溶けている部分もあって、やっぱり溶けているところはかなり甘さを強く感じるので、私は溶けないぐらいの焼き加減が好きです。

マシュマロの表面はメレンゲのようにシャクっという食感があって、中はじゅわ~と溶けるような食感です。マシュマロのこの焼き加減、私にはちょうどよかったです。

全体的にマシュマロが溶けていたら、相当甘くなっていただろうし、マシュマロのシャクっという
食感もなくなっていたと思うので、このぐらいの焼き加減で止めてベストでした。

チョコチップとピーカンナッツもたっぷりトッピングされているんですが、これも意外と存在感は控えめです。ピーカンナッツがもっと香ばしくていいアクセントになるのかと思いきや、コリっとした食感を感じる程度で、ピーカンナッツ自体の味はほとんど感じません。

チョコレートソースはミルクチョコなので甘いんですが、そこはやはりベルギー産のクーベルミルクチョコ、嫌な甘さではなく上品な甘さで不思議とくどくなりませんでした。

ピザ生地は少しふっくらした厚みがあって味は素朴、でもこの素朴さがマシュマロとチョコの甘さをいい具合に調和してくれていました。

生地ギリギリまでチョコソースとマシュマロがのせられていないのが逆にいいかも。

甘~いピザを想像していたので、もしかしたら1/4サイズを食べてもういいやってなるかもな、と思っていたんですが、いやいやまだまだイケる!ってことで、さらに1/4焼いてみました。

2回目は少し焦げ目がつきました。でも焼き加減が難しいですね。少し溶けているところもあります。

うん、2枚目も1枚目食べた時と同じ感想で、ほど良い甘さでおいしいです。そしてマシュマロの表面が焼けて、シャクっという食感がたまりませんね。

もっとピーカンナッツの存在感を感じたいな~と思って、ピーカンナッツに神経を集中させて食べたつもりですが、やはり味はほとんどわかりませんでした。ピーカンナッツ自体、味ってそんなにないのかな?勝手にナッツだから香ばしいだろって思いこんでただけなのか??

2枚目食べ終えた時点でも、口の中が甘くてどうしようもないってことはなくて、結局まだイケる、まだイケる、と一気に全部食べてしまいました。

まとめ

シャトレーゼのチョコレートマシュマロピザ、激甘なスイーツを想像していたんですが、まったく嫌な甘さはなく、一度に1枚ペロリと完食しても、まだまだ食べられそうでした。

これが300円とはやっぱり安い、安すぎるよシャトレーゼ!

味は程よい甘さでおいしいのはもちろんなんですが、マシュマロを焼いた表面のシャクっという食感と、噛んだ時に口の中でとろけるような食感が楽しかったです。

こんなデザートピザが手軽に家で食べられるのもありがたいし、冬はこういうホットスイーツもいいですね。また食べたいと思いました。

ごちそうさまでした。

コメント