デニッシュバーのシュークランチカスタードを実食レビュー、お店の場所やメニューは?

スイーツ

JR名古屋駅の中央コンコースにあるデニッシュバーというお店でシュークランチカスタードを購入してきました。

初めて食べたシュークランチカスタードが絶品だったので、そのおいしさについて熱く語ります(笑)

デニッシュバーとは?

デニッシュバーはマーメイドベーカリーが運営するフランチャイズ店です。

マーメイドベーカリーはデニッシュバーの他にリトルマーメイド、カフェデンマルク、マーメイドカフェなどのベーカリーを中心に運営しています。

デニッシュバーは「いつも焼き立て」のデニッシュが食べられるお店です。

デニッシュバーの名古屋店の場所は?

デニッシュバーのお店があるのは名古屋駅の1店舗のみです。

JR名古屋駅の中央コンコースにあり、隣には系列グループのマーメイドカフェがあります。

テイクアウト専門なので店内で食べていくことはできません。

デニッシュバーのメニュー

名古屋駅のデニッシュバーのメニュー、前に比べると商品数がかなり減ってしまっていて、現在販売されていたのは、

・シュークランチカスタード
・シュークランチアップルカスタード
・デニッシュボールシュガー
・デニッシュボールチョコ&チョコ

の4種類のみでした(2020年2月現在)

以前は店名にもなっているデニッシュバーという商品があって、さらに種類も豊富だったのに、今日行ったらメニューがこれだけになっていて衝撃を受けました。

看板商品であるはずのデニッシュバーがないなんて、どういうこと!?

デニッシュバーのシュークランチカスタードを実食

今日は名古屋駅に用があったついでに、「そうだ、デニッシュバー買って帰ろう」と思い立って久しぶりに買いに行ってきました。

ちょうどお店に行ったときにお店の前に5~6人の列ができていて、おや、いつの間にか人気店になった?と思ったら、たまたまタイミングが悪かっただけで、私の後ろは誰も並びませんでした。

イートインスペースはないですが、スティックタイプで食べやすいので食べ歩きもできそうです。

本当はデニッシュバーが食べたかったんですがなかったので、仕方なくシュークランチカスタードを購入しました。価格は220円です。

ちなみに作り置きではなく、注文が入ってからクリームを詰めてくれました。

クリームを詰める際に、1個ずつはかりで重さを計っていたので、個体差によってクリームの量が違うということはなさそうです。

ちなみにクリームは先端から入れられています。

見た目的にビアードパパのシュークリームみたいです。スティック状のビアードパパのシュークリーム?

見た目はとってもおいしそうです。

お店はデニッシュバーという名前なのに、デニッシュが使われていないじゃんとガッカリしていたんですが、食べてびっくり、上はシュー生地で下がパイ生地になっていました。

これは新食感!!

そして中のカスタードクリームはしっかりバニラの風味がして、程よい甘さでおいしいです。トロットロで滑らかな食感、上品なクリームです。

シュー生地の部分は口の中に入れるとしゅわ~っと溶けていきます。こんなふわふわなシュー生地は初めてかも。シュー生地がとても上品です。安物のシュー生地にあるような野暮ったさはまったくありません。

上に振りかけてある粉糖で、シュー生地自体もやさしい甘さです。

シュー生地の下の部分はパイ生地なんですが、注文が入ってからクリームを入れてくれるので、家に帰った時点でもサックサクでした。そしてバターの風味もしっかり感じられて、パイ生地自体もとてもおいしいです。

ふわっとしたシュー生地とサクサクなパイ生地の組み合わせ、これは病みつきになります。

味は抜群においしいですが、シュー生地がふわっととろけるような食感でクリームもなめらか、口の中で溶けていくので、1個食べてもまったく食べた感がないのが唯一のネックかも。

これは1個では足りません。

まとめ

お目当てのデニッシュバーがなかったのは残念ですが、初めて食べたシュークランチが絶品だったので結果オーライ、大満足です。

食べる前はビアードパパと同じような商品かな~と思ったんですが、シュー生地×パイ生地の組み合わせはビアードパパとはまったく別物でした。この組み合わせが食べられるのはデニッシュバーだけですね。

クリームも私にはちょうどいい甘さ、口当たりも滑らかでクリームもとってもおいしかったです。

名古屋駅にしかお店がないのが残念。これからも名古屋駅に行ったときには買ってこようと思います。

ごちそうさまでした。

コメント