引き寄せの法則、アファメーションは効果なしどころか逆効果という悲しい現実

daigo

引き寄せの法則関係の話が好きな方、多いのではないでしょうか?

私もその一人で、引き寄せの法則に関する本を数冊持っているし、youtubeでも引き寄せの法則に関する動画を見るのが好きでした。

しかし、メンタリストDaiGo氏が自身のyoutube放送で引き寄せの法則は効果なしどころか逆効果とばっさり切っていましたので(涙)、自分への戒めとしてまとめて残しておきます。

引き寄せの法則とは?

引き寄せの法則とは「自分が注意と意識とエネルギーを向けるものは、良いものも悪いものもすべて自分の人生に引き寄せられる」というものです。

つまり自分が望んでいることならば、がんばらなくても引き寄せられる、夢が叶えられる、ということ。何もしなくていいのです、宇宙にゆだねましょう、みたいな。

引き寄せの法則関係の本は山ほど出版されていますが、だいたい書いてあることは同じで、

・なりたい自分をイメージしましょう
・自分自身に肯定的な言葉を使いましょう
・常にいい気分でいましょう

というようなことが書かれています。

アファメーションという言葉もよく使われますが、アファメーションとは自分自身に対する肯定的な宣言のことです。

「自分は痩せてきれいになって誰もが振り返る女性になる」などとアファメーションを唱えることで、なりたい自分になれる、という魔法の呪文のようなもんですね。

紙に書くと願望が叶う、みたいなのも同じですね。

引き寄せの法則は効果なしどころか逆効果

さて、ここからが本題です。

上でも書いたようにメンタリストDaiGo氏が自身のyoutube放送で、「引き寄せの法則は効果なしどころか逆効果」とバッサリ切る内容の話をしていました。

いかにもDaiGo氏は引き寄せの法則だとか、波動がなんちゃら~とかいうたぐいの話は嫌いそうなので、彼自身の主観で話をしているのでは?と思われがちですが、主観ではなく論文に基づいて話をされています。つまりエビデンスがあるということ。チキショー!

 

引き寄せの法則、アファメーションは効果なしが証明された実験

実験内容
自己肯定感の高いグループと低いグループに分け、それぞれに「自分はできる」「自分は魅力的だ」などとアファメーションしながら今の感情を紙に書いてもらった。
実験結果
もともと自己肯定感の高いグループは感情に変化はなかった。もともと自己肯定感の低いグループはかえって気分が落ち込み、ネガティブになり自己肯定感がさらに下がってしまった。
実験からわかること
アファメーションに効果があるならば、さらに自己肯定感が上がらなければおかしいのに、効果がないどころか逆効果だということ。

いわゆるシロクマのリバウンド効果と同じで、ネガティブなことから目をそらそうとすればするほど、ネガティブな方に目が向いてしまって自己肯定感が下がってしまうんですね。

この実験を行ったのがウォータール大学で、ウォータール大学は他にもスピリチュアルにはまる人はただ頭が悪いだけ、良いものと悪いものの区別がつかないだけ、といった内容の論文も発表しているそうです。

そんなウォータール大学のことをDaiGo氏はすばらしい大学と絶賛していました(汗)

アファメーションが逆効果なのがよくわかる例

ウォータール大学の実験からも、アファメーションには効果がないどころか逆効果なことは一目瞭然です。

ただウォータール大学の実験は短期的に見た内容で、ならば長期的にはどうなの?というところが気になりますが、残念ながら長期的に見ても結果は同じなんだそう。

アファメーションに効果なしどころか逆効果なのがよくわかる例。

①理想の体型をイメージする→気分が一瞬よくなる→満足して努力しなくなってやる気が下がり理想の体型が手に入らない

②優秀なエッセイを書いて賞金をもらった自分をイメージする→満足したことによってやる気が落ち、さらにエッセイの質も落ちる(仕事ができる有能な自分をイメージすると仕事の質が下がるということ)

つまりポジティブな空想や理想のイメージを思い描いてしまうと、そこで満足してその後のやる気が下がってしまい、結局自分の思い描いたものが手に入らなくなってしまう、ということ。

自分の欲望を満足させるとやる気が落ちてしまうので、あたかも目標を達成したような気分になる
イメージをするのは危険という訳。

引き寄せの法則には効果がないどころか逆効果という悲しい現実を、嫌でも突きつけられますね。

目の前のことに全力で取り組むことが大切

誰しも自分が理想とする未来とか、叶えたい欲望はありますよね。

でも自分の欲望を満足させるようなことをイメージするとやる気が落ちてしまう。

じゃぁ自分の目標を掲げてはいけないの?となります。

なのでDaiGo氏が言うには、自分の目標や願望を達成させるためには、自分の目標やゴールを決めたら、目標を達成するためにやるべきことが何なのかを考え、一旦目標のことは忘れて、今目の前にあることに集中すべき、とのことです。

つまり痩せてスタイルよくなりたかったら、スタイルのいい自分をイメージするのではなくて、暴飲暴食をやめるとか、運動をする、とかですね。

おっしゃる通りですな(汗)

アファメーションを逆手にとったダイエット法

引き寄せの法則関連の話が好きな私にとって、この放送はショックすぎました。効果がないだけならまだしも、逆効果だなんて・・・。

しかし、最後の最後に引き寄せの法則を逆手にとってダイエットに活用できるかも、みたいな話をしていました。

研究結果では人間の脳は自分の欲しているものをイメージするとそこで満足してやる気が落ちてしまうことがわかっています。

これを応用して、夜遅い時間やダイエット中に食べ物の写真や映像を見ることを「飯テロ」なんて言われていますが、むしろ見まくることで自分の欲求が満たされて満足し、食欲を抑えることができるのでは、ということ。

な~るほどね、これから夜にお腹がすいた時は大食い系のyoutube動画を見まくることにします。

 

家に引き寄せの法則に関する本が3冊ぐらいあるんですが、メルカリで売ろうかなぁ・・・。

コメント