プルダックポックンミョンのカルボ味は辛いのが苦手な人にもオススメ、 マイルドな辛さが病みつきに!

インスタント

先日、プルダックポックンミョンのカルボ味が売られているのを見つけて購入してきました。

ずっと食べたいと思っていたカルボプルダック、実際に食べてみた味の感想、作り方などをまとめました。

カルボプルダック炒め麺とは?

カルボプルダック炒め麺は、韓国の激辛炒め麺シリーズのカルボナーラ味のことです。

プルダック炒め麺は何種類かありますが、口コミを見ると何種類かある中でもカルボプルダックは
人気が高いようです。

プルダック炒め麺はもちろん激辛な麺ですが、カルボナーラ味ということで、少し辛さが抑えられていて辛い物があまり得意ではない人でも食べられるとか。

カルボプルダックの作り方

カルボプルダックには麺、液状スープ、かやくが入っています。

麺は前に食べたノーマルのプルダック炒め麺に比べるとかなり太め。日本のカップ麺で言うと、どん兵衛みたいな麺です。カルボナーラ味ということで、平打ちのパスタをイメージしているのでしょうか?

そして液状スープとかやくです。

かやくというより粉末スープでは?

カルボプルダックの作り方は以下の通りです。

1.鍋に水を600ml入れて沸騰させ、麺を5分茹でる
2.火を止め、スプーン8杯分のお湯を残してお湯を捨てる
3.液状スープとかやくをかけて、よく混ぜて完成

茹でた後にスプーン8杯分のお湯を残して茹で汁を捨てるという何ともアバウトな説明。せめてスプーンの大きさを教えてほしいですね。

前回プルダック炒め麺を作ったときに、このスプーン8杯分のお湯を残すのに苦労したので、今回はあらかじめ大さじ8杯分のお湯を別で用意しておいて、ゆで汁はすべて捨てました。

5分間茹で、茹で汁をすべてて捨てたところに液状スープとかやくを投入、そして様子を見ながら別で準備しておいたお湯を加えて混ぜていきました。

液状スープを加えた時点で、あの鼻にツーンとくる辛い香りがしてきます。蘇るあの悶絶級の辛さ・・・。

さて、いよいよ食べていきます。ドキドキ・・・。

カルボプルダックはどのぐらい辛い?カロリーは?

完成したカルボプルダックがこちらです。

見た目は辛そうな炒め麺です。前に食べたノーマルのプルダック炒め麺やチーズ味のプルダック炒め麺と比べても見た目に大差はありません。強いていうなら麺の太さぐらいですね。

プルダックポックンミョンを食べてみた!

プルダックポックンミョンチーズ味を食べてみた!

 

よく見るとかやくとしてパセリが入っています。

ではさっそく一口!

お~、やっぱり辛い。でも前食べた時ほど悶絶するほど辛くは感じません。

やはりカルボ味ということで、かなり辛さがマイルドになっていて、私にはちょうどいい辛さで食べやすいです。辛いけど、しっかり旨みが感じられておいしい!

前は全部食べ切るのにすごい時間がかかって、途中からマヨネーズかけたり、大量に水を飲んだりして、とにかく食べるのに苦労しましたが、カルボプルダックは普通に食べられました。

とは言え、やはり辛くてそのまますすると唇がヒリヒリして痛いので、はしからフォークに変えて唇への刺激を減らして食べました。

しっかり辛さはあるんだけど旨みも感じられて、今まで食べたプルダック炒め麺の中では一番おいしいです。

原材料の種類の多さを見ると、ただ辛いだけじゃなくてしっかり旨みも感じられるのは当然だよなぁって思いますね。

正直、辛さが前面的にくるのでカルボ感は感じないんですが、味覚が敏感な人ならちゃんとカルボ感を感じられるのかも。ちゃんとチーズとかも入っていますからね。

この平打ちの麺もいいですね~。相変わらず麺はもっちもち、これがまたおいしいです。

ちなみにカロリーは550kcalとなかなかのハイカロリーです。炒め麺はどうしてこんなにカロリーが高いのか?

辛い辛いと言いながらも途中で休憩をはさむこともなく、水をガブ飲むすることもなく、最後までおいしく食べられました。

まとめ

今までプルダック炒め麺は2種類食べたことありますが、過去に食べた2種類はとにかく辛くて悶絶して、もう次は無理・・・って思ったんですが、カルボプルダック麺はおいしく食べられました。

もちろん辛いんだけど、それ以上にしっかり旨みもあっておいしかったです。

これはリピしたいですね~。辛い物が食べたくなったとき用に、家にストックしておきたい一品です。

ちなみに私が購入したのは、大好きなジュピターコーヒーです。
ジュピターコーヒーについてはコチラ > 輸入食品とコーヒーのお店、ジュピターコーヒー

今までカルボプルダックが売られているのを見たことはなかったんですが、先日行ったときはたまたま売られていたみたいです。なので今はもう売られていないかも。また見に行かなくちゃ。

辛いのはあまり得意ではないけれど、辛いものに徐々にはまりつつあります。これからも、もっと辛いものに挑戦していきたいです。

ごちそうさまでした。

コメント