キッチン三喜屋(みきや)のランチは品数豊富でコスパ最高、 ハンバーグもおいしくて満足

ハンバーグ

キッチン三喜屋(ミキヤ)という名古屋市東区にある洋食屋でランチをしてきました。

ネットで探して見つけたお店で、ハンバーグがおいしいと評判のお店ですが、それ以上に品数が多くてボリュームたっぷりのランチが頂けるとのこと。

キッチン三喜屋さんのランチについて、ランチメニューや価格、お店の場所などについて詳しくまとめました。

キッチン三喜屋の場所、行き方

キッチン三喜屋さんがあるのは名古屋市東区で、最寄り駅は地下鉄桜通線の高岳駅になります。

ちなみに私は東山線ユーザーなので新栄町から歩いて行きましたが、新栄町からだと徒歩10分ぐらいでした。

泉三丁目の交差点を超えて北西の方角にあります。お店の前には舎人公園という公園がありました。

ちなみに泉三丁目の交差点と言えば、先週行ったばかりの洋食店、呆喰亭信夫さんがあります。

キッチン三喜屋のランチメニュー

キッチン三喜屋のランチメニューは日替わりランチとハンバーグの2種類のみでした。どちらも価格は1000円です。

お店の前にメニューの看板が出ているだけで、お店の中にはメニューやメニュー表はなかったので、お店に入店する前にしっかり確認する必要があります。

ちなみに本日の日替わりはポークステーキカレーでした。他のお客さんの注文を聞いていると、ハンバーグと日替わりの注文の比率は半分ぐらいでした。

キッチン三喜屋、店内の雰囲気

お店は西側に入口があり、日差しが入り込むような窓はないので昼でも薄暗かったです。ちょっと店内はさみしい雰囲気でした。

5~6人が座れるカウンターと、2人掛け、4人掛けのテーブルが何卓かありました。

ご夫婦二人で切り盛りされているようで、ご主人がシェフ、奥様がホールを担当されていました。

私はカウンター席に座りましたが、まだお客さんが少ないときは、ご夫婦でお客さんに聞こえるぐらいのボリュームで日常会話をしていらっしゃいました。

キッチン三喜屋のランチ、品数が多すぎる!

今日、私が注文したのはハンバーグです。おいしいハンバーグを求めて、実はこれで3週連続でランチにハンバーグを食べています。そして3週連続で高岳エリア。高岳エリアになったのは偶然です。

第1週 > 榎本よしひろ商店

第2週 > 呆喰亭信夫

キッチン三喜屋さんはネットでおいしいハンバーグが食べられるお店を調べて見つけたお店なので、すでに口コミを見て品数が豊富ということは知っていましたが、改めてその多さに驚きました。

まずはご飯と豚汁。

ご飯はお茶碗に盛られていて、量はふつうです。ちなみに大盛りやおかわりは有料になるようです。

ご飯の量はふつうでしたが、豚汁はたっぷり。お椀ではなくてスープマグにたっぷりよそわれていました。

キッチン三喜屋さんの豚汁は豚肉とえのき、白菜がメインでした。

豚汁の具材と言えば、大根や人参、こんにゃく、さといもが主流かと思っていたんですけど、白菜がメインとは珍しいですね~。

そして料亭で出てくるような御膳に盛りつけられたおかずが4品。それも副菜レベルではなくて、メインになりそうな揚げ物、刺身があります。

刺身は1切れは小さいですが、2種類が2切れずつで4切れも。ご丁寧にわさびもちゃんと添えてあります。

こちらはパッと見たときは酢豚?と思ったんですが、肉じゃがの肉なしバージョンでした。

タマネギもじゃがいももトロットロに煮込んであります。しっかり味が染みてておいしい~。

こちらは豆腐田楽でいいのかな?でも豆腐は衣がつけて揚げてあります。そしてお味噌は肉みそでした。

きわめつけは揚げ物!メインがハンバーグなのに、副菜で揚げ物とは恐るべし。しかもヒレカツでした。千切りキャベツとパセリまで添えられています。ちなみにトマトに見える赤い野菜はパプリカでした。

副菜でも手を抜いていなくて、柔らかくてジューシーでおいしかったです。

そしてメインのハンバーグがこちら。

今日のソースはデミグラスでしたが、どうやら日によって替わるようです。

ハンバーグの横にはたっぷりの野菜が添えられています。

割ってみると、肉汁がじゅわ~ってほどではないけど、少し肉汁が出てきました。

けっこう肉の味がしっかり味わえるタイプで、ふわふわタイプではなく、噛み応えのあるハンバーグです。表面がしっかり焼かれているので、余計に食感がちょっと固く感じます。

デミグラスソースは見た目とは違って優しめの味でした。酸味も強くなくて、味も控えめかな。

野菜にかけられているドレッシングと混ざって、ちょっと薄くなっているのが気になりました。もうちょっとかけてほしいな~・・・。

どれもおいしくて、あっという間に完食。

こんなにたっぷり食べて、食べた後は満腹になるかと思いきや、意外とまだまだ入りそうな自分の胃袋が怖いです。

まとめ

おいしいハンバーグを求めて行ってきたキッチン三喜屋さん、ハンバーグもおいしいし、品数も豊富で満足なランチでした。これで1000円、コスパ最強ですね。

手のこんだ洋食というより、家庭で味わえるようなやさしいお味の料理が頂けるお店でした。

お店を出るとき、お店の方が「お気をつけて~」と声をかけてくださったのがうれしかったです。

ただ、3週連続でおいしいハンバーグを食べているので、先週、先々週行ったお店と比べると、私好みなのは榎本よしひろ商店さんか呆喰亭信夫さんですかね。どちらもレベルが高すぎるので、あのお店の味を超えるのは相当なものじゃないと・・・。

新栄駅付近、高岳駅付近はおいしいハンバーグ屋が密集しているイメージがあります。実はまだこのあたりで行きたいお店が3軒あります。でも3軒とも一人では行きにくいお店なので、一人では行けないかな~・・・。場所が中途半端だから、人を誘うにも誘いにくいんだよなぁ。

勇気を出して行ってくるか!

ごちそうさまでした。

店舗詳細情報

店  名:キッチン三喜屋
住  所:名古屋市東区泉3丁目17-19
電話番号:052-934-2908
営業時間:11:30~14:00/18:00~21:00
定  休 日:日曜日

コメント