湖池屋プライドポテト凛凛レモンを実食レビュー、価格やカロリーは?

スナック菓子

湖池屋のポテトチップス、プライドポテト凛凛レモンを購入してきました。

暑い季節にはさわやかなレモンがぴったり、ということでレモンをチョイス。

さっそく食べてみた実際の味の感想、価格やカロリーなど商品情報について詳しくまとめました。

湖池屋プライドポテト凛凛レモンとは?

プライドポテト凛凛レモンは湖池屋のポテトチップスです。

湖池屋のプライドポテトは、日本が世界に誇る文化や風土、歴史と伝統がつまったその魅力をおいしさを通じて届けたい、そんな思いから作られてポテトチップスだそうです。

凛凛レモンは、瀬戸内産レモンにビネガーの2種類の酸味のハーモニーが織りなす凛とした大人な爽やかな味わいとのことです。

プライドポテトならではの食感で、気分まで晴れるような軽快で爽快なポテトチップスに仕上がっているんだとか。

湖池屋プライドポテト凛凛レモンの価格とカロリー

湖池屋プライドポテト凛凛レモンの価格は138円(税込み)です。

カロリーは310kcalです。

湖池屋プライドポテト凛凛レモンを実食レビュー

暑い季節に爽やかなに食べられそうなポテトチップス、「湖池屋プライドポテト凛凛レモン」を購入してきました。

ちなみにずっとフライドポテトだと思っていたんですが、ライドポテトなんですね。プライドをかけて作ったのとフライドポテトをかけて、プライドポテトって訳か・・・。

定価は138円ですが、いつものようにドラッグストアで108円と定価より少しお得に購入してきました。

見た目は黄色を多く使った爽やかなパッケージで、商品がたくさん陳列されている中でも目立っていました。

という訳で実食です。

袋を開けると、レモンの酸味じゃなくてお酢のまろやかな酸味が香ってきます。

実物がコチラ。

見た目はフツーのポテトチップスですね。1枚1枚は少し薄めで繊細な印象かな?

さっそく1枚食べてみると、あれ?カルビーのポテトチップスのフレンチサラダと同じ味かも・・・。

もっとレモンの酸っぱさがガツンと来るのを想像していたんですが、よく知っているカルビーのフレンチサラダとよく似た味でした。

ていうかレモンはどこ?

ただ私はカルビーのフレンチサラダ味が大好きなので、これはこれですごくおいしいです。

食べ続けていくと、お酢の酸味だけじゃなくて、じゃがいも本来の味とか、あとコクのようなものを感じてきました。

カルビーポテトチップスのフレンチサラダ味は、ただ酸っぱいだけという感じなんですが、凛凛ポテトは旨みがすごいです。

原材料を見ると、チキンブイヨンの記載があるので、旨みの正体はこのチキンブイヨンかな、と。

あとしょうゆの記載もあります。隠し味に使われているのかな?

とにかく旨みがすごくて、ただ酸っぱいだけじゃなくて味に奥深さがあります。なので食べ続けていても味に飽きてくることがなく、どんどん食べ進めちゃいます。

うん、これはおいしい。

ただレモンの味がほとんどわかりませんでした。レモンの酸味を期待して購入すると、あれ?ってなるかも知れません。

食べだしたら止まらくて、あっという間に残り少しになっていました。いつの間に食べた?っていうぐらいに手が止まりませんでした。

酸味は比較的まろやかなので食べやすいですが、時々たっぷりシーズニングがかかったものに当たると強い酸味を感じました。ポテトチップス自体は固すぎず、薄すぎずちょうどいい塩梅でした。

見た目は油っこそうに見えたんですが、意外と食べると油っこさは感じません。

私としては、ここ最近購入したポテトチップスの中でも1.2位ぐらいの好きな味でした。これは確実にリピ決定です。

うん、ほんとおいしかった~!

まとめ

湖池屋プライドポテトの凛凛レモン味、レモン味はほとんどわかりませんでしたが、私の大好きなフレンチサラダのような程よい酸味ですごく好みの味でした。

暑い季節にはぴったりな爽やかな味だと思います。

今年の夏は、凛凛レモンをたくさん食べるぞ!

最近思ったんですが、湖池屋のポテトチップスって全体的にレベルが高いですよね。ポテトチップスというとカルビーの印象が強かったんですが、全然湖池屋の方がレベルが高いな、と。

これから欠かさず新作はしっかりチェックしていこうと思います。

ごちそうさまでした。

コメント