ローソンの新アイス、ビスケットサンド直火釜ビターキャラメルが衝撃のおいしさ

アイス

ローソンの新商品、ビスケットサンドビターキャラメルというアイスを購入してきました。

9月10日に発売されたばかりの新商品、発売開始後すぐに買ってきたので、さっそく食べてみた味の感想、価格やカロリーなどについてまとめました。

ローソン新商品、ビスケットサンド直火釜ビターキャラメルとは?

ビスケットサンド直火釜ビターキャラメルは、9月10日から発売されているローソンのuchicafeシリーズの新しいアイスです。

先々週はローソンのシステム障害があり、新商品の発売が遅れるというハプニングがありましたが、こちらの商品はシステム障害にも負けず(笑)、予定通り9月10日から店頭に並んでいました。

アイスをサンドしているビスケットは全粒粉、そして相性の良いバターを混ぜこみ香りと味わいがアップされているそうです。

そしてサンドされているアイスはバニラアイス、そこへ砂糖を直火釜で加熱し、その後に生クリームを投入して再度加熱したキャラメルソースが注入され、さらにバニラアイスの周りにはカリフォルニア産のローストアーモンドが散りばめられています。

ローソン新アイス、ビスケットサンド直火釜ビターキャラメルの価格とカロリー

ビスケットサンド直火釜ビターキャラメルの価格は238円(税込み)となかなかの高額商品です。

そしてカロリーも270kcalと高カロリー。

すべてが高い!

ビスケットサンド直火釜ビターキャラメルを実食、味はどう?

ローソンの新しいアイスのビスケットサンド、発売前からおいしそうだな~食べたいな~とは思っていたんですが、238円という価格にちょっと躊躇してしまいました。(貧乏は辛い・涙)

アイスで200円超えは、やっぱり尻込みしてしまいます。

一旦は迷ったものの、やっぱり食べてみたい!ということで購入してみました。

価格が高いのもネックですが、カロリーが高いのもちょっと考えちゃいますよね。

前置きが長くなりましたが実食です。

実物はこんな感じ。

小さすぎず、大きすぎず、ちょうどいいサイズ感ですね。

バニラアイスの周りには、隙間なくクラッシュアーモンドが散りばめられていて、これが何ともおいしそう!

断面はこんな感じ。

バニラアイスに入っているキャラメルソース、生クリームが入っているせいか上品な色に見えるのは気のせいでしょうか?

ビスケットはしっかりした厚みがあります。

さっそく一口頂いてみると、おいしい!

まずビスケットですが、かなり塩気がきいています。そして全粒粉の粒感を敢えて出していることで食感も楽しめます。

バニラアイスはほどよくコクがあって、ちょっと高級な味わい。

そしてキャラメルソースはやっぱり生クリームが使われているので、ただ甘いだけではなくて、とっても上品です。程よい苦味と甘さが何とも絶妙、そして入っている量も絶妙です。

これ以上少ないと物足りないし、これ以上多かったらちょっとくどくなりそう。この量がベスト!っていう量が入っています。

周りのクラッシュアーモンドはローストアーモンドなので香ばしさがあり、しっかりと味を引き締めてくれています。そしてたっぷり散りばめられていて食感も最高です。

何だこのアイス、すべてが完璧じゃないか!!

めちゃめちゃおいしいです、どストライクに私好みな味です。

食べる前からおいしいだろうな~とは思っていましたが、予想以上においしくて大満足。このビスケットの塩気がいい仕事しているのかな~?

味については文句のつけどころがありません。

強いて難点を言うならば、クラッシュアーモンドがポロポロと落ちてしまうことぐらい。

あと価格が238円とちょっと高額だけど、このクオリティだと200円以下にしてよ、とは言えません。そりゃ238円するわ、って納得できる味です。

とにかく味はすべてのバランスが抜群で、何とも上品で高級なアイスです。このアイス、ほんとうにおいしいです。ローソンのアイスは何でもおいしいですね。ハズレがないなぁ。

ちなみに製造は赤城乳業でした。やりおるな(笑)

まとめ

アイスで238円は私にとっては高額、そのため買うのを一旦は躊躇しましたが、思い切って買ってよかったです。これはおいしすぎました。

また食べたいけど、さすがに238円のアイスを毎日気軽に買える財力は私にはありません。

今後は週に1回ぐらい?週末のご褒美として買いたいな~と思いました。

レギュラー商品ではなく数量限定の商品なので、今後ずっと販売される訳ではないようです。販売期間中にあと何個食べられるかな~?

ごちそうさまでした。

コメント