ローソン新商品、ミルクとバターのフランスパンを実食レビュー、価格やカロリーは?

パン

ローソンの新しいパン、マチノパンミルクとバターのフランスパンを購入してきました。

さっそく新商品を食べた味の感想、価格やカロリーなどの商品情報を詳しくまとめました。

マチノパンミルクとバターのフランスパンとは?

マチノパンミルクとバターのフランスパンは2月18日発売のローソンの新商品です。

フランス産小麦の小麦粉が入った香りのよいパンに、練乳やバターを配合した濃厚感のあるミルククリームがサンドしてあります。

マチノパンミルクとバターのフランスパンの価格とカロリー

マチノパンミルクとバターのフランスパンの価格は150円(税込み)です。

カロリーは315kcalです。

マチノパンミルクとバターのフランスパンを実食レビュー

今週のローソンの新商品はパンが豊富です。

しかも、いつもレベルが高くてハズレなしのマチノパンシリーズなので、パン好きにとっては嬉しい限りです。

マチノパンシリーズの中から選んだのはミルクとバターのフランスパンです。

当初は購入するつもりはなかったんですが、店頭で実際の商品を見て、これはレベルが高そう、試す価値ありかもと急きょ購入を決めました。

実物はこんな感じ。

コンビニパンとは思えないビジュアルをしています。普通にベーカリーで売られていそうなパンです。これが150円とは!

いきなりこのパンを裸の状態で出されたら、まさかコンビニのパンとは思わないのでは?

このクラストとか、すごいレベル高いですよね。

そして小麦の香ばしい香りもしてきます。

見た目は完璧、私もこの見た目にまんまとつられて購入しました。でも肝心なのはやはり味、ということで実食です。

クリームはこんもりとサンドしてありました。こんなにたっぷりサンドしてあるとは思わなかったので、衝撃を受けました。

でもクリームがおいしくなかったら、こんなにたっぷりのクリームも台無し、この量が吉と出るか凶と出るか・・・。

一口食べてみると、小麦の香りが口の中に広がり、そしてほんのりバターの風味を感じ、練乳特有の濃厚な甘さのあるクリームですが、思っていたより甘ったるさはありません。

もっと喉が焼けるような甘ったるいクリームなのでは?と思ったのですが、嫌な甘さはなくておいしいです。

甘ったるいクリームがたっぷりサンドされていたら、とてもじゃないけど1本食べ切る自信がなかったんですが、食べ始めたらおいしくて一気に食べてしまいました。これは予想を超えるおいしさでした。

でも食べているうちに、やっぱりクリームはちょっと油脂っぽさを感じてきて、最後の方は喉が焼けるような甘さに変わってきました。

最初からこの甘さだったら無理でしたけど、食べ終わる頃に甘ったるさを感じてきたので、ギリギリセーフという感じ。

この手のパンは、端の方までクリームが塗られていないことが多いですが、このパンはけっこう端っこの方までクリームが塗られています。

ミルククリームは思ったほど甘ったるさがなくておいしかったですけど、フランスパン自体もおいしかったです。

フランスパンなので表面はカリっとはしていますが、ほどよい柔らかさで歯切れもよくて食べやすいです。

固すぎて食べるのに顎が疲れるということもありません。そして口に入れるのにちょうどいい細さです。ローソンのマチノパンシリーズは、いつもこういうちょっとした心遣いもうれしいですよね。

小麦の風味をしっかり感じられるパンで、これは焼いたらおいしそう。

でもさすがにサンドされているクリームがミルククリームなので、焼く訳にはいかなかったです。このフランスパンだけで売ってほしいぐらいでした。

ちなみに本当にバターが使用されているのか原材料を確認してみると、バター入りミルクファストスプレッドの文字がありました。

そして洋酒の記載もありました。

洋酒が入っているとはまったくわからなかったけど、隠し味として使われていたのかなぁ?

まとめ

購入するつもりのなかったローソンマチノパンミルクとバターのフランスパン、見た目のレベルの高さにつられて購入してみましたが、予想以上にレベルが高くておいしかったです。

さすがローソン、さすがマチノパン、はずれはないですね。

ほど良い甘さでおいしく頂けたので、これはまたリピートしそうです。

ごちそうさまでした。

コメント