ローソン新商品、焼チョコタルトを実食レビュー、気になる味は? 価格やカロリーは?

パン

今週のローソンの新商品、マチノパンシリーズの焼きチョコタルトを購入してきました。

さっそく食べた味の感想、価格やカロリーなど商品情報についても詳しくまとめました。

ローソン新商品、マチノパン焼チョコタルトとは?

ローソンのマチノパン焼チョコタルトは、2月4日発売の新商品です。

くるみが入ったザクザク食感のタルト生地にタブレットチョコレート、しっとり食感のチョコ生地を乗せて焼きあげてあります。

マチノパンシリーズの商品なのでパンの棚に陳列されており、要冷蔵ではありません。

マチノパン焼チョコタルトの価格とカロリー

マチノパン焼チョコタルトの価格は150円(税込み)です。意外と安いですよね。

カロリーは484kcal、もう見た目からこの手の商品は高カロリーなのは予想できていましたが、やっぱり高カロリーでした。

マチノパン焼チョコタルトを実食レビュー

今週のローソンの新商品も先週に引き続きチョコづくし。その中からドストライクな商品の焼チョコタルトを購入してきました。

私の大好きなマチノパンシリーズなので期待できそうだし、150円という安価も魅力でした。

タルト生地にはくるみが入ってザクザクな食感っていうのも私にとっては相当魅力的なポイントでした。

袋から取り出すと、ほろ苦い香りがしてきます。

チョコというよりほろ苦のココアの香りです。それにしてもまっ黒。チョコの色ではないですね。

包丁で半分にカットしてみました。

包丁を入れた時の手ごたえがザクザクっとしていて、これは期待できそうです。

中にチョコが入ってるんですね~。でもちょっと少なそうかなぁ?

食べてみるとかなりほろ苦な味で、チョコの苦味というよりコーヒーの苦味を強く感じました。

あれ?チョコタルトのはずだよなぁと原材料を確認すると、やっぱりコーヒーが入っていました。

なるほど、この苦味の正体はやっぱりコーヒーだったんですね。

商品自体はずっしりと重みがあるので、チョコ生地の部分はもっとしっとりしてて固いのかと思いきや、意外とふわっとしたスポンジケーキのようでした。

そしてタルトの部分は包丁で切った時にかなりザクっとした手ごたえを感じたので期待していたんですが、やっぱり実際に食べてみてもザックザクな食感でした。この食感、たまりません。

くるみが砕いてタルト生地に混ぜこんであるので、余計にザクザクな食感です。しっかり厚みもあります。

でもそんなに量は多く入ってないみたいで、くるみらしき食感はあるんですが、くるみの香ばしい味はまったく感じられませんでした。ちょっと残念。

そしてチョコ生地の中に入っているタブレットチョコレートは甘さ控えめのねっとりしたチョコで、ちょっと生チョコっぽい食感です。

量は少ないけど、少ないからこそ、タブレットチョコの部分にあったったときは感動します(笑)もっと入れてくれたらいいのにな~。

食べ始めた時はコーヒーのようなほろ苦な生地で、これはチョコタルトなのか?って思ったんですけど、タブレットチョコのおかげで、チョコタルトとして成立していました。

ほろ苦な生地とタブレットチョコのバランスもよくて、計算尽されてるな~と感心しました。やぱりローソンはレベルが高いなぁ。

まとめ

ローソンのマチノパンシリーズは今まで食べたものでハズレはなく、どれもレベルが高いので期待していましたが、期待を超えるおいしさでした。

さすがローソン、さすがマチノパン!

実は本音を言うと、一口目を食べた時に、これはあんまり好きなじゃないかも~と思ったんですが、食べ進めていくうちにおいしい!やっぱり好き!となって、食べ終わった時には大満足でした。

タルト生地のザックザクな食感がドストライクでした。この食感、たまりません。

ただカロリーが高いのが難点。この手の商品って何でこんなにカロリー高いんでしょうね?

原材料確認したら、一番はじめに記載されているのがマーガリンでした。ひえ~恐ろしい。

おまえのせいか!?(爆)

カロリーは高いけどおいしいし、何より価格が安いのでこれはリピすると思います。

ごちそうさまでした。

コメント