ピノ(pino)新商品、おどるカフェモカを実食レビュー、価格やカロリーは?

アイス

森永の人気アイスピノ(pino)の新フレーバー、おどるカフェモカを購入してきました。

さっそく食べた味の感想、価格やカロリーなど商品情報について詳しくまとめました。

森永ピノ(pino)おどるカフェモカとは?

ピノ(pino)おどるカフェモカは森永の人気アイスピノ(pino)の新フレーバーで、9月28日から発売されています。

エチオピア産のモカコーヒーを使用したカフェモカアイスが、カカオ感のあるなめらかなくちどけのセミスイートチョコでコーティングされています。

カフェモカアイスには2種類のエチオピア産モカコーヒーが使用されていて、香り高いコーヒーの味わいに仕上がっているそうです。

森永ピノ(pino)おどるカフェモカの価格とカロリー

森永ピノ(pino)おどるカフェモカの価格は140円(税抜き)です。

カロリーは1粒当たり31kcalです。

森永ピノ(pino)おどるカフェモカを実食レビュー

森永ピノ(pino)おどるカフェモカ、新商品と言っても9月から発売されている少し前の商品です。

10月ぐらいに1度ドラッグストアで売られているのを見かけ、数日後に買いに行ったらもうなくて、それ以来どこにも売っていませんでした。

で、数日前にようやく近所のスーパーで売られているのを見つけて買うことができました。9月に発売されて、やっと11月に入って実食です。

カフェモカ味のピノなんて美味しいに決まってるじゃん!と食べる前から期待大の商品です。

ちなみに商品名におどるとついているのは、食べると自然と体がウキウキおどりだす、そんな美味しいひとつぶ、というコンセプトがあるみたいです。

パッケージにあまりかわいくないヤギのイラストが掲載されていますが(笑)、このヤギのイラストも何種類かあるみたいです。

さっそく開けてみると、香り高いエチオピア産モカコーヒーを使用しているだけあって、ちゃんとコーヒーの香りが漂ってきました。

当たりはなし、残念~。

断面はこんな感じ。

さっそく食べてみると、口の中に入れて噛んだ瞬間からカフェモカの味です。これはおいし~!!

チョコの甘さとコーヒーの苦味も感じられて、しっかりカフェモカの味を再現しています。うん、これは間違いなくカフェモカです。

口に入れた直後はチョコの味が強いんですが、後味はコーヒーかな?でも決して苦い訳でもなく、だからと言って甘い訳でもなく、カフェモカのいいとこどりの後味です。これは好きな味、すっごくおいしいです。

コーティングのチョコは相変わらず口どけのよいチョコです。

冷凍庫から出した直後はしっかり固まってパリっとしていましたが、口の中に入れるとじわ~っと溶けていって滑らかな口どけです。いつも思いますが、品がありますね~。

今までいろんなフレーバーのピノを食べてきましたが、カフェモカが一番おいしいかも。

いつものバニラだとちょっと普通すぎて何か物足りなさを感じるんですが、カフェモカにはそれがありません。コクがあるからかな?1粒でしっかり満足できます。

でも6粒なんてあっという間にペロリですけどね~。

まとめ

ピノ(pino)おどるカフェモカ味、想像以上においしくて大満足です。

これからの寒い季節、ちょっとだけ冷たいものを食べたいときにピノぐらいのサイズはぴったり、それでいてこんなにおいしいカフェモカ味だったら最強ですね。

でもなかなか売ってないので、また売っているのに遭遇できたら3箱ぐらい買ってストックしておかなきゃ。

ごちそうさまでした。

コメント