プレシアクレームバウムを実食レビュー、価格やカロリーは?

スイーツ

プレシアのクレープバウムを購入してきました。

以前からスーパーなどで見かけて気になっていた商品、仕事帰りに甘いものを求めて入ったコンビニで売られていたので購入してみました。

さっそく食べた味の感想、価格やカロリー、原材料など商品情報について詳しくまとめました。

プレシアクレープバウムとは?

プレシアのクレープバウム、スーパーではよく見かけていたんですが、製造しているプレシアというメーカーはまったく知りませんでした。

公式サイトで確認すると、スーパーやコンビニで売られるデザート、焼き菓子、和菓子などを製造しているメーカーのようです。

プレシアという会社が大元で、さらにその中に「エミタス・eMitas」というスイーツブランドがあり、クレープバウムはエミタスブランドの商品になります。

クレープバウムは見た目の通り、クレープ生地で作られたバウムクーヘンのようなもの。まぁわかりやすく言えば、見た目がバウムクーヘンのミルクレープですね。

隠し味にカラメルを加えたホイップクリームを、口どけのよい生地でたっぷり巻いた食べ応えのあるクレープバウムです。

パッケージにも記載があったんですが、添加物を控えて作られているそうです。

プレシアクレープバウムの価格とカロリー

プレシアクレープバウムの価格は198円(税込み)でした。コンビニで購入したので、おそらくこの価格が定価だと思われます。

カロリーは307kcalと意外と高カロリーです。

プレシアクレープバウムを実食レビュー

上にも記載したように、クレープバウムはスーパーで売られているのを見るたびに気になっていた商品でした。

気になりつつも、ここまでなぜか買わずにいたんですが、仕事帰りに立ち寄ったコンビニでも売られているのを見つけて、初めて購入してみました。

見た目はバウムクーヘンですが、要はミルクレープですからね、きっとおいしいに違いないと期待して購入してみました。

実物はこんな感じ。

薄く焼かれたクレープ生地でたっぷりのホイップクリームがサンドされています。

ホイップクリームの色が茶色いのはカラメルが入っているからでしょうね~。

ナイフでカットして頂きます!

あれ?想像していた味とちょっと違うかも?ホイップクリームはカラメルが隠し味に使われているので、甘さは控えめです。そこまでカラメルのほろ苦さが主張している訳ではないですが、かなり甘さは控えめで、ホイップクリームを堪能したかった私としてはちょっと残念な味。

そしてカラメルの苦味とは別の苦味というか、渋みみたいなのを感じて、これは何だろう?と思って原材料を確認してみると洋酒が使われていました。

どうやら洋酒の独特の苦味が出ちゃっているみたいです。

ホイップの甘さより、この独特な苦味、渋みの主張が強いクリームになってしまっていました。舌の上にいつまでも苦味・渋みが残ります。

甘くておいしいホイップクリームをたっぷり堪能できそう!と思って購入してこの味だったのはちょっと残念。求めていた味と違うな~。

クレープ生地はキメ細やかで歯切れのよい生地でした。先日食べたばかりのファミマのもちもち生地とはまったく違う、ごくごく普通のクレープ生地だったのでナイフでスッと切れました。

クレープ生地にはそんなに味はついていないと思います。生地だけで食べてもおいしい、というほどではないかな~?もう少し生地自体にも甘さがあったらいいのになぁと思いました。

まとめ

ずっと気になっていたプレシアのクレープバウム、初めて食べてみましたが、本音で言うとあまり好みの味ではなかったです。

決しておいしくないという訳ではないんですが、私の求めているホイップの味ではありませんでした。

これぞホイップクリーム!という甘いクリームの味を求めていたので、隠し味にカラメルとか洋酒とか使っていない、ごくごくフツーのクレープバウムを作って欲しいです。

見た目はこんなに完璧なのに、実に惜しい!

ごちそうさまでした。

コメント