栄地下街のパン屋さん、グランディールでサクっと軽食

パン

2018年の夏に栄地下街にオープンしたグランディールで気になるパンを食べてきました。

グランディールとは?

グランディールは2018年7月に栄地下街にオープンしたパン屋で、元々は京都にある有名で人気のパン屋だそうです。

すでに名古屋は覚王山と北区に店舗があり、満を持して(?)栄にもオープンしました。

私はグランディールというパン屋をまったく知らなくて、外観だけ無駄にオシャレなお店だけど、地下街にできる店だから味は大したことないなろうなって勝手に思い込んでいました。(←失礼な奴)

でもおいしいパン屋が多いと言われる京都で人気がある店なら、きっと味は間違いない!ということで店内のイートインスペースでサクっと気になるパンを頂いてきました。

店内の様子

お店自体はそこまで広くはありません。地下街の通りに面していて、店の半分が販売スペース、そして中央にレジがあり、もう半分がイートインスペースになっています。

イートインスペースと地下街の間は特に敷居がないので、通路側の席に座るのはちょっと抵抗がありますね。丸見えだし、人がたくさん通るから衛生的にもちょっと・・・。

お店の前を通るたびに店内の様子をチラっと覗いていたんですが、あまり混雑はしておらず、割とすいているな、という印象でした。でもある日夕方に通ったときはレジに行列ができていました。タイミングの問題でしょうか?

塩パンがおいしい!

私が訪れたのはある土曜日の朝、モーニング代わりに利用してきました。

口コミを見るとグランディールで人気なのはパニーニやベーグルみたいです。でもパニーニは食べたい気分じゃなかったのでパス、ベーグルは食べてみたかったんですが、売り切れなのかまだ焼けてないのか店頭には1個もなかったので、残念ながらベーグルは食べられず。

仕方なく、店頭に並んでいるパンの中から自分好みのパンを探すも、正直あまり心惹かれるパンはありませんでした。

何となくパンのビジュアルから、自分の好きそうなパンだなっていうのがある程度わかるんですが(特にクロワッサンとかのデニッシュ系)、グランディールさんのパンは残念ながら特に惹かれるものはなし。

でも一応人気店ということで、どんな味なのか食べてみたかったので、塩パンとミニパンショコラを購入しました。

レジで会計するときに店内で食べていくことを伝え、その時にドリンクも注文します。ちなみにレジは半分セルフでした。レジにお金を自分でいれて、自動でお釣りが出てくるので、店員さんは一切お金には触れません。これは衛生的にとてもいいですね。

ドリンクはセルフサービスになっていて、レジで注文してカップをもらい、自分でドリンクコーナーで淹れるようになっています。

さてこちらが塩パン、外側の生地はほどよくパリっとしていて、噛むとパターの味がじゅわ~っと広がります。

バターの塩気も絶妙でかなり私好みの味でした。塩パンはパンの裏側を見ると、自分好みかどうかがわかります。

この裏側のビジュアル、絶対に私が好きなタイプの塩パンに間違いないと思ったんですが、やはりドストライクの塩パンでした。うん!おいしい。しかも塩パンは105円とリーズナブルなのがうれしいですね。

そして甘めのパンが食べたくて選んだミニパンショコラ、こちらは見るからにたぶん私好みではないと思ったんですが、やはり、という感じ。味が悪いということではなくて、あくまでの私好みかどうか、ってことです。

私はデニッシュ系だったら圧倒的にザクザクッとしたパンが好みで、こぼさずには食べられないようなデニッシュが好きなんですが、こちらはザクザクっというよりしっとりしていて、一口食べてみると、そのしっとりさがよくわかります。

そしてチョコが少ないのも寂しい。もう少しチョコを入れてほしいな、と。

ちなみにコチラは75円です。味見するにはちょうどいい大きさと価格ですね。

ドリンクは200円でこの日の合計金額は396円、朝食代わり、モーニング代わりとして食べるなら、このぐらいの金額はちょうどいいぐらいですね。まぁ自分が選んだパンが安いってのもあるんですけど(汗)

塩パンは私好みの味だったので、持ち帰り用に追加で買って帰りました。今のところ、数あるパン屋の中でも塩パンはグランディールが一番かも。

私好みのパンは少なそうですが、ドリンクが200円と安いので今すぐパンが食べたい時、軽く何かつまみたいという時に、またイートインで利用するかもしれません。手軽にお安く利用できるのはケチな私にはありがたいです(笑)

ごちそうさまでした。

店舗詳細情報

店 名 : グランディール
営業時間: 8:00~20:00
定 休 日 : 無 休
住 所 : 名古屋市中区栄3-4-6サカエチカ

コメント