栄地下街のおいしいカレー屋、天馬でカレーランチ、メニューや店内の雰囲気は?

栄ランチ

栄地下街にあるカレー&カレーパン 天馬でランチをしてきました。

以前カレーパンをテイクアウトしたことはあるんですが、店内でカレーを食べるのは初めてです。

さっそく天馬のカレーについて、実際に食べた感想、店内の雰囲気、ランチメニューなどについて
詳しくまとめました。

カレー&カレーパン天馬とは?

天馬は行列のできるカレーパンのお店として有名で、名古屋栄地下街に2019年にオープンしました。

渡辺直美さんも天馬のカレーパンが大好きなんだそうです。

お昼時は外に待ちもできることも多くある人気店で、店内で食べるのはもちろん、カレーやカレーパンのテイクアウトも可能です。

カレー&カレーパン天馬の店内の雰囲気

私は以前にカレーパンのテイクアウトをしたことはありますが、店内で食べるのがこの日が初めてでした。

いつも外からチラっと店内を覗いたときに、一人でも入りやすそうな雰囲気のお店だな~と思っていました。

実際に入ってみると、隣の席との間に星野珈琲店のような仕切りがあって半個室のようになっており、周りのお客さんの視線が気にならず、想像以上におひとりさまでも入りやすい雰囲気でした。

私は11時少し過ぎた頃に入店しましたが、店内は7割ぐらい席が埋まっていて、ほとんどがおひとりさまでした。

店内の照明も明るすぎず落ち着いた雰囲気で、広くありませんが居心地はとても良かったです。

カレー&カレーパン天馬のランチメニュー

天馬のメニューは基本的には昼も夜も同じのようです。

ただ、ランチタイムはドリンクやサラダが100円でつけられたり、デザートが200円でつけられるなどのお得なサービスがあるようです。

カレーのメニューは

・ビーフ
・バターチキン
・焼きカレー
・カツカレー

などがあり、さらにカレーがあいがけしてあるハーフ&ハーフなどもありました。

2種類のカレーが味わえるのはいいですね。しかも価格も高くありません。

カレー&カレーパン天馬、具だくさんのカレーを実食レビュー

以前から天馬で食べてみたいな~と思っていたのが3種のチーズと完熟トマトの焼きカレーです。

この日も焼きカレーを食べようと思って店内に入ったんですが、改めてメニューを見たら具だくさんのよくばりカレーに惹かれてしまい、この日は具だくさんのよくばりカレーを注文しました。

カレーの辛さとご飯の量が選べるようになっていて、ご飯の量は並、そして辛さは中辛でお願いしました。

注文して5分も待たないぐらいで料理が提供されました。

こちらが具だくさんのよくばりカレーです。

メニューの写真とほぼ変わりなく、とてもきれいに盛りつけられています。

この時点でカレーのスパイシーな香りが漂っていて、食欲がそそられます。

中央にご飯が盛りつけられていて、その周りにルーがかけられています。

ご飯の上には、

・ソーセージ
・ベーコン
・パプリカ
・ゆで卵
・ほうれん草
・ブロッコリー
・しめじ
・じゃがいも
・ナス
・レンコン
・トマト

と、9種類の具がトッピングされています。

カレールーはとろみがなく、サラっとしたタイプです。

さっそくカレーのルーから頂いてみると、一口目を食べた時に一瞬甘さのようなものを感じたんですが、どうやら気のせいだったみたいで、しっかり辛かったです。

中辛を選びましたが、私にはちょうどいい辛さでした。食べているときは少し辛いな~と感じる程度だったんですが、後からじわじわと辛くなってきます。

もうちょっと辛くてもいけそうな気もしたんですが、これ以上辛いと食べるのが大変かも。

カレールーは万人受けしそうなお味です。日本人の口に合う無難なおいしさでした。

そしてたっぷりの具がどれもおいしかったです。

カレーの中には肉は入っていませんが、トッピングのベーコンとソーセージでしっかり満足できます。

ベーコンは厚みがあり、そして味も濃くて普段食べているベーコンとはまったく別ものです。

そしてソーセージは皮がパリパリで、中のお肉がかなりギュっと詰まっていて、正直苦手でした。普段食べ慣れていない、ちょっとクセのあるソーセージでした。

ソーセージは苦手な味でしたが、それ以外はおいしかったです。

しめじはまとまりを出すためなのか、石づきがついたままなので、食べにくいのが難点です。

ほうれん草はたくさん入っていました。栄養たっぷりなのでうれしいです。

トマトとパプリカは生でしたが、ナス、じゃがいも、レンコンは素揚げしてありました。

素揚げしてあることでレンコンは食感がよくなり、シャキシャキとホクホクと両方の食感を味わえて最高においしかったです。

そしてじゃがいもも揚げることでおいしさが倍増していました。何でこんなにおいしいの?っていうぐらいにじゃがいも自体がおいしかったです。

ナスは油との相性抜群なので安定のおいしさ、カレーとよく合います。

ゆで卵は半分のサイズです。白身の外側がカレー色に染まっていたので、カレーに漬け込んであったのかなぁ??

ただ冷えていたので、ちょっとだけ違和感がありました。

ご飯は並ですが、意外と量がたっぷり入っていました。けっこう食べたな~と思った時点でまだ半分ぐらいでした。

そして具だくさんで、それぞれの具もけっこうお腹にたまるものが多いので、1皿食べるとかなりお腹は満腹になりました。

サイドメニューなしですが、1皿で十分満足できます。

カレールーとご飯のバランスも絶妙で、多すぎず少なすぎず、ちょうどいい量でした。

まとめ

初めて天馬でカレーを食べましたが、一人でも抵抗なく入れるし、店内の雰囲気もよく、そしてカレーもおいしかったので大満足です。

私が一番好きだったカレー屋が名古屋駅のユニモール地下街にあるキャンプというお店だったんですが、残念ながら閉店してしまいました。

(※写真はキャンプの野菜カレー)

それ以来、カレー難民になっていたんですが、これからはカレーが食べたくなったら天馬に行こうと思います。もっと早くに行っておけばよかった!

この日食べた具だくさんのカレーもおいしかったですが、次は焼きカレーかな?

ごちそうさまでした。

店舗詳細情報

店  名:天馬(カレー&カレーパン)
住  所:名古屋市中区栄3-4-6サカエチカ北通路
電話番号:052-211-7370
営業時間:10:00~21:00
定 休 日 :無休

コメント