セブン新スイーツ、ダブルクリームの焼いもこ (五郎島金時)の焼き芋感がすごい!価格やカロリーは?

スイーツ

今週発売のセブンイレブンの新スイーツダブルクリームの焼いもこ五郎島金時を購入してきました。

このスイーツは中京地方限定販売商品のようですが、全国的に販売されている「さつまいもこ改め焼きいもこ)」とほぼ同じ商品だと思われます。

中のクリームが焼き芋ペーストそのまま、と口コミでも評価の高い焼きいもこ、実際に食べてみた味の感想、価格やカロリーなどについてまとめました。

ダブルクリームの焼いもこ(五郎島金時)とは?

ダブルクリームの焼いもこ(五郎島金時)は9/4から発売されているセブンイレブンの新スイーツです。

同じ焼きいもこシリーズでは「さつまいもこ改め焼きいもこ」が8月27日から全国で販売されています。商品はほぼ同じで、芋ペーストに使われている芋が異なるだけみたいです。

ダブルクリームの焼いもこ(五郎島金時)の焼いもこはその名の通り五郎島金時が使われています。五郎島金時は甘みがあってホクホクとした食感が特徴なんだとか。

全国販売されているさつまいもこ改め焼きいもこの方は宮崎紅が使用されているそうです。

どちらも濃厚な焼き芋クリームとクリーミーなホイップの2層に仕立てたもこ特有のもちもち食感のシュークリーム、さらにシュー生地はさつまいもに見立てた紫色をしているの点は同じです。

ダブルクリームの焼いもこ(五郎島金時)の価格とカロリー

ダブルクリームの焼いもこ(五郎島金時)の価格は151円(税込み)です。

カロリーは228kcalです。おや、意外と低いですね。

ダブルクリームの焼いもこ(五郎島金時)を実食!

すでに8月から販売されている焼きいもこの口コミが評判だったので、中京地方でもダブルクリームの焼いもこ(五郎島金時)が販売されると知って食べるのを楽しみにしていました。

それにしてもすっかりスイーツは秋に変わりましたね。さつまいもやら栗やらのスイーツの多いこと。

それはさておき、実食です。

袋から出してみるとこんな感じ。どこまでも焼き芋感を追及しているようで、シュー生地はしっかり紫色で焼き芋を表現しています。

相変わらず形はいびつです。

もこの生地は切りにくいので、包丁で丁寧にカットしてみました。

お~!焼き芋っぽいクリームがお目見えです。これはおいしそう。

シュー生地は相変わらずもこならではの歯切れの悪いもちっとした生地です。このもちっとした食感、やっぱり好きです。

そして肝心のクリームですが、焼き芋ペーストそのまんま、というぐらい焼き芋の再現度が高いです。

ねっとりとしていて口当たりもザラついていて、本当に焼き芋をそのままペーストにしたかのようなクリームです。この焼き芋の再現度、すごいですね。

そして焼き芋クリームの味はそこまで甘さはなく、芋ならでは?の自然な甘さを表現できています。

ねっとりとしたクリームともちっとした生地の相性は抜群ですね。これは普通のシュー生地ではバランスが難しそう。

焼き芋クリームだけだと、ちょっと味に締りがなくなるというか、ぼやけた味になりそうなところに、ホイップが加わることで、しっかり味を引き締めてくれています。

ホイップは焼き芋クリームとは対照的に軽い口当たりです。でもホイップも意外と甘さ控えめかな?自然な甘さを堪能できるシュークリームです。

いつものもこシリーズは中のクリームがやわらかくて食べている間に垂れてくることが多いですが、焼いもこの焼き芋クリームはねっとりしているので、これは垂れる心配はありません。

ホイップは柔らかめだけど、ねっとりした芋クリームがしっかりキャッチしてくれています。

焼き芋クリームの中に黒いぶつぶつが確認できたので、バニラビーンズ?と思ったらさつまいもの皮なんだそうです。皮までちゃんと活用しているんですね。

焼きいもこ、味はおいしいけど中に入っているクリームが少ないので、食べた後はちょっと物足りなさを感じました。もこシリーズはどうしても空洞が・・・(汗)

まとめ

口コミで評判が高かった焼いもこを食べられて満足です。味は想像以上に焼き芋でびっくりしました。

秋らしいスイーツでいいとは思うんですが、まだまだ残暑厳しく、ちょっと焼き芋を食べるには早いかな~というのが本音。今年も残暑がしつこいようで連日猛暑続き、秋のスイーツはもう少し先でいいかも。

もう少し涼しくなったときに、お茶と一緒に改めて食べてみたいけど、きっと涼しくなる頃には販売が終わってるんでしょうねぇ。またすぐ新しいもこシリーズが発売されそう。それはそれで楽しみですが。

ごちそうさまでした。

コメント